Posted by at

2007年06月23日

和菓子職人直伝!

昨日は、大変嬉しい貴重な体験をすることが出来ました!

久留米市国分町で「安心、安全」に拘った『産直や くらし』で講習会に参加!

先生は、浮羽町の

 心をこめた手づくりの和菓子  和菓子工房だん  代表 段浦 孝弘さん

段浦さんは、秋月の老舗和菓子やで修行を重ね、現在は独立し工房を持っておられる職人さんです。


クズきり、葛饅頭、笹だんご、わらび餅の4種類の夏の和菓子を教えていただきました。

大変穏やかで、優しい方で、なんと池坊の師範としても活躍中と聞きビックリ!

素材を大切に、素材の持つ味わいで作品を作られるところは、和菓子も生花も通じるところがあるのかもしれません。


知っていることは、惜しみなく教えてくださるところは前回洋菓子の指導をしてくださった『中島シェフ』も同様。 懐の大きさを実感です。

今回も、プロの技、コツを沢山教えていただく事が出来ました。

明日からの私の仕事に大いに役立てて行きたいと思います・・・




楽しく作って、美味しく食べるを応援します
甘味材料屋 すかいsky  

Posted by つるまる at 21:50Comments(2)