スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年02月18日

工場見学!


コーヒーの工場見学に行って参りましたicon137


佐賀県鳥栖市にある『キーコーヒー九州工場・九州物流センター』です。

建物に入った途端、コーヒーの良い香りが・・・
でも、勤めている友人に言わせると香りに慣れすぎていて香らないとか。。。


生豆から袋に詰められるまでの工程の説明を受けた後、さらにビデオを見ました。

近代的な設備と熟練スタッフの感覚を活用した緻密な焙煎。

工場を4つのエリアに分け、万全の衛生管理体制を整備。

製造過程での排出物を再資源化することにも積極的に取り組んでいます。

白衣に着替え、靴も履き替え、工場内の見学もしましたよ!

工場内は何所もきちんと、整理整頓されており職員の方も、みなさん気持ちの良い挨拶で迎えていただきました。


なぜ、豆を焙煎するのか
深い味わいを出すため。

コーヒーの味は焙煎で決まるそうです!
豆を焙煎し始めると水分が蒸発し、色づきながら膨らみ、熱によって豆の成分が徐々に変質していく。
浅煎りの段階では、クエン酸やリンゴ酸などコーヒーの酸味を型づくる成分が多く、深煎りになると、糖質のカラメル化が進んで苦味が増します。
同じ豆でも焙煎の深さによって味が変わります。
豆の性質を把握しながら、酸味と苦味、そして加熱によって生まれる甘味など、味の要素をバランスよく整え、香りよく仕上げるのが焙煎の技術だそうです。



何種類ものコーヒーを並べてテイスティングもしましたよ~~~!

カップに焙煎して粉にした豆を入れ、熱湯を注ぎ入れ、まず、香り。

次にスプーンで混ぜながら、香り。

最後に味をみていくのですが、集中力が途切れてきて訳が分からなくなってしまいましたicon11

初めは、酸味とか渋味とかをみようと必死で五感を働かせるのですが結局、自分が好きな味か嫌いな味か・・・  しか分からなくなってしまうんですよね(涙




最期に、好みの生豆を自分で焙煎する体験が出来ました。

私は『トラジャコーヒー』を深煎りで!!!

早く入れて飲みたいですねicon14

楽しみ~~~!



いつでも、またお越しください!と説明をして下さった品質管理課長の中道さんがおっしゃいましたが・・・

また、伺ってしまうかも(笑

中道さんはキーコーヒー コーヒースペシャリスト上級資格者です。

いろんな資格があることにビックリ!
視覚、味覚、嗅覚、そして科学的に味をみる力、コーヒーの奥深さに触れ、一杯のコーヒーを作るため沢山の手が加えられていることに感動しました。

声を掛けてくれたはしやんさん、ありがとうございました。
楽しかったですよ~~~icon105





楽しく作って、美味しく食べるを応援します
甘味材料屋 つるまるsky  

Posted by つるまる at 19:45Comments(6)おかみの日々