Posted by at

2010年07月14日

商売繁盛の秘訣!



もうすぐ月に一度の税理士さんの監査の日がやって来る。

「早めに終わらせておこう!」

毎月心に誓うのですが、結局まじかになって帳簿の入力にバタバタ・・・




毎月「事務所通信」なるものを持参いただくのですが、
今回の特集は私に耳の痛い話です。

毎日の帳簿付けが商売繁盛の秘訣!
関ヶ原の合戦で西軍の将として有名な石田三成は、近江出身で計数に明るく財政に強かったそうです。

九州の殆どを支配していた島津氏が、豊臣秀吉に攻められ降伏して領地を没収され、薩摩・大隈・日向の3国に閉じ込められたときのこと。

秀吉の命を受けて、戦後処理に島津藩に派遣された石田三成は、島津義久から「このままではどうにもならない」と藩の窮状を訴えられました。

すると三成は「島津藩で作っているお米の余りを大阪に送り、良い値のときに売って、悪い値のときは売らないように」と助言したそうです。

さらに「帳簿はこうやってつけなさい」と、商売の基本である帳簿づけの方法から損得計算の仕方まで詳しく教えたといいます。


島津氏はそれを受け入れたことで、財政が豊かになったといいます。

帳簿づけは藩財政を左右する重要な事項だったといえるでしょうネ。



会社の財政も私の帳簿づけに左右されるのだとしたら・・・

頑張るしかないですicon09




おうちで作ろう!
甘味材料屋 つるまるsky  


Posted by つるまる at 09:00Comments(8)おかみの日々