2007年12月16日

創業者の想い!

昨今話題の「吉兆」創業者の湯木貞一さんについて語られた記事

翌日の献立を夜遅くまで考えていた湯木さんに一喝されたときのことを、孫の一人が5年前にこう回想しておられます。

「おじいさん、あしたにしなはれ、もう休みはったらどうですか」
「おまえはそれでも料理屋の息子か。お客さんは今頃、あした吉兆ではどんな食事ができるか楽しみにしている。それに応えるのが料理人や」

湯木さんは1988年に日本料理の料理人では初めて文化功労賞に選ばれ、97年に95歳で亡くなりました。

東京サミットで供されて吉兆の評判は極まり、その後も多くの人の舌と目を納得させてきました。

吉兆の歴史は間口二メートル余りの小料理屋から始まったそうです。

創業者の物語を思い出すことから出直しは始まるのでしょうか・・・





楽しく作って、美味しく食べるを応援します
甘味材料屋 すかいsky
甘味材料屋 つるまるsky


Posted by つるまる at 23:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。